実務経験のみで技能試験が受験可能な「鉄筋工」

「鉄筋工」も建設系の求人では比較的よく目にする仕事でしょう。

なんせ「鉄筋」は私達の暮らしには無くてはならないモノです。

マンションやビルには必ず用いられていますし、橋、トンネル、高速道路、駅、地下鉄、等など…、とにかく我々の生活のアチコチで鉄骨は使われています。

大型の建物を作るには先ずは鉄筋で骨組みを作り、そのまわりをコンクリートで固める、いわゆる「鉄筋コンクリート構造」が用いられます。

そして鉄筋コンクリート構造を作る作業こそが「鉄筋工」の仕事なのです。

鉄筋工事は建物の安全の根幹ともなる非常に重要な作業です。

それゆえ、正しい材料に、正しい加工をし、正しく組み立てる事が必須であり、鉄筋工の仕事には高い専門知識と技能が求められます。

鉄筋工になるためには別段特別な学歴などは必要ありません。

別段、土木科、建築家を出ていない方でも普通に就職することは可能です。

鉄筋工の仕事はグループで他の職種の人と協力しながら行うのが前提なので、現場では高い協調性が求められます。

また、大規模工事に係る際に一級鉄筋技能士の資格が必要になるのですが、この資格、実は学校での専門課程を受ける必要がありません。

実務経験を3年積むと二級技能士の受験資格が得られて、さらに二級技能士合格後に5年実務経験を積むと、一級技能士の受験資格を得ることが出来ます。

現場での実務経験のみで技能試験亭の受験資格が得られるケースは稀なので、そういった意味でも「鉄筋工」の仕事は魅力的といえるでしょう。

建設求人を探しているなら、一度鉄筋工を検討してみては?