お馴染み「大工の仕事」は独立も可能な魅力的な仕事

数ある建設系の求人の中において、一般の方にも非常に馴染み深いと言えるのが「建築大工」でしょう。

建築大工の仕事は、一般住宅を作ることです。

木造住宅の新築や増改築を行う上では不可欠な仕事です。

日本の伝統的な建物である「木造建築」を作るこの仕事、その昔は「棟梁」なんて名前でも呼ばれていました。

今どきの一般住宅は鉄骨造や鉄筋コンクリート造が増えたものの、内部に関しては基本的には昔と変わらず木材が用いられており、今も昔も建築大工は住宅建築の中心にいます。

さて、どうすれば「建築大工」になれるのか?ですが、昔は地元の工務店や棟梁に弟子入りするのが一般的でした。

その流れは今も少なからずあるようですが、今どきは職業訓練校等で一定の訓練を受けた上で、企業に就職するケースが増えているようです。

住宅建設の技術は日進月歩で真価を続けていますから、常に新しい技術に柔軟に対応できるような器用さが求められます。

また、家を作るのは大人数の仕事ですから、人々をまとめる統率力も求められます。

もちろん、体力も人一倍無ければ務まらない仕事です。

技術と経験を積めば、独立することだって出来ます。

また、二級建築士や木造建築士の資格を習得すれば、より大きな木造住宅の設計、工事監理をすることも出来ます。

いわゆる大工の「親方」を目指すのであれば、是非とも資格取得を目指して下さい!建設求人の中でも「建築大工」の案件数は多いと思います。

建設の仕事を目指すなら検討してみる価値のある魅力的な仕事ですよ。